さかさまバニーからさかさ魔法を解く方法

よく食べよく放浪するOLの雑記ブログ

牛椀「紀尾井坂」@銀座

 

ずっと気になっていたけどなかなか人と予定が合わず行く機会を逃していた牛椀 紀尾井坂さん。もう我慢ならぬ!と思い女一人で突撃してきました。

昨年10月にオープンしたばかりのこちらは、東京吉兆の湯木代表が監修している牛椀(すきやき丼)のお店。あの吉兆が牛丼をつくったら…というこだわり満載のお店な訳です。

しかし牛丼屋とは思えない外観。ふつうに高級割烹みたいじゃん…。

f:id:xherox:20190331191011p:image

この写真は昼間なのでマシですが夜はちょっと入りづらい感じが漂っていました。私のようなペーペーが行っていいのだろうか…まあ、ええか!(お代金さえ払えば!)というわけで高級そうな入り口で若干びびるも、勇気を出して引き戸をOPEN!すると、和装の品のいい仲居さんがあたたかく出迎えてくれます。

やっぱり店内も割烹のような雰囲気で、とても落ち着いていて、最高にお上品。

とりあえず一杯、ハイボールをオーダー。持った瞬間グラス重っ!と思ったら、バカラのものだそうです。飲み物によってあうグラスで出してくれるとのこと…大人だ〜。

f:id:xherox:20190331180721j:image

牛椀だけを食べるつもりだったけど、一品料理がおいしそうなので少し手を出してしまいました。

牛すじ肉じゃが、めっっちゃおいしい。味しみしみ。懐かしき関西の味。やっぱり肉じゃがは牛肉だね、ほっこり。こんな肉じゃが作ってくれるんなら、私お嫁に行ってもいい。(クーリングオフ)

f:id:xherox:20190331180735j:image

ハイボールもおいしく感じるというものです。店員さんの距離感も付かず離れずで心地よく、(弱いくせに)お酒が進みます。

そして食べ終わったころ、お待ちかねの牛椀へ…!

ノーマル牛椀と特選牛椀があるのですが、今回は赤身っぽいほうがよかったのでノーマルをチョイス。違いは、ノーマル牛碗には交雑牛、特選にはA3ランク黒毛和牛のリブロースが使われているとのこと。

f:id:xherox:20190331180746j:image

最初は蓋つきで来て、どんぶり飯というより確かに椀ものでした。そして蓋を開けて思わずにっこり。ご飯が見えない!お肉すごい〜!

ちなみにふっくら炊き上げられた国産米の上には、牛肉、しいたけ、結び糸こんにゃく、ねぎと玉ねぎ。トッピングに温泉玉子。

全部の素材にしっかり割り下がしみて、きらいな椎茸さえも美味しい。くずし卵黄と和牛がとろけるのはもうたまりません。ご飯がすすむすすむ!口の中に広がる旨みで、咀嚼するたび幸せが💓お吸い物とお漬物もぺろっと頂きました。

f:id:xherox:20190331180757j:image

なんと美しい。ノーマルでも十分おいしかったけど、次は特選牛椀やローストビーフ丼も食べたいなあ。

f:id:xherox:20190331180808j:image

最後にはあたたかいお茶と金平糖が。

お店の雰囲気は最高で、混雑もしてないし店員さんもとっても気さくであたたかくて、一人で行っても全然居心地悪くなかった。なによりおいしいし。

接待みたいな会食で来ている方もいましたし、友人と行くのも、一人でも全然いけるお店だと思います。

 

とか言って、こうしてお一人様女子が板についてゆくのだろうね…

 

◆牛椀 紀尾井坂

URL:https://www.gyuwan-kioizaka.com

住所:東京都中央区銀座7-13-2 ティアラグレイス銀座タワー1F
営業時間:LUNCH 11:00~15:00(L.O.14:30) / DINNER 17:00~22:30(L.O.22:00)

定休日:日曜
 

訪問:2019/03/E

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村