さかさまバニーからさかさ魔法を解く方法

よく食べよく放浪するOLの雑記ブログ

ニュージーランド旅行記①〜楽園のクイーンズタウン〜

 

めっちゃいい国なんやけどいまいちまだ日本での知名度足りてない感のあるニュージーランド…もっと盛り上がってニュージーランド好きになってくれる人が増えてほしいので、以前訪問した時の記録を覚えてる限りで旅行記として書いていきたいと思います💓💪

  • 絶景が好き
  • 青い景色がみたい
  • 美しい星空見たら感動しすぎて泣ける
  • ロード・オブ・ザ・リングやナルニア国物語の世界観で白米3合いける
  • 都会と自然の隣り合ってる感が好き
  • 癒されたい
  • 忙しい日々の中で大事ななにかを失った
  • あたたかい人々がいる国が好き
  • おいしいアイスやチョコは養命酒と同義
  • 山の雄みに圧倒されたい
  • 大自然を感じたい
  • スリル満点のアクティビティを満喫したい
  • 羊が好き
  • 野生にかえりたい
  • 今の季節と逆行したい

どれかひとつでも当てはまったあなた!さあ今すぐニュージーランドへ行って、どうぞ。

 

そもそもニュージーランドってどんな国?

ニュージーランドは南半球に位置する島国で、北島と南島の主要2島と複数の小島から成っています。

f:id:xherox:20190509123356j:image

ニュージーランドは一年を通して比較的温暖な気候で、また島国ならではの独自の生態系が形成されていることでも知られていますが、なにより素晴らしいのは美しい景色です。壮大な氷河やフィヨルドから亜熱帯の森林に火山台地まであらゆる雄大な自然に囲まれており、スケールの大きい映画やドラマのロケ地としてよく選ばれる国でもあります。人口密度が低く、人より羊の数の方が多いと言われるほどののどかさがある一方で近代的な都市も存在し、街と自然の融合を楽しみたい人にもおすすめです。地上と海にとどまらず、「世界一の星空」として有名なテカポもニュージーランドに位置するなど、観光スポットに事欠かずリピーター旅行者が多いのも特徴です。〜ナレーション風〜

 

旅程概要

私が訪問したのは2016年12月ですが、このときはクイーンズタウン、テカポ、クライストチャーチ、オークランドの4都市周遊をしました★ちなみにニュージーランドを旅先に選んだ理由は、「青い景色が見たい/ ファンタジーレベルの絶景に抱かれて泣きたい/ 冬寒いつらいもう無理逃げたい」の3つでした。旅行の流れはこんな感じ🔻

1日目
夕方 成田発
2日目
AM オークランド着
AM中 オークランド発
お昼くらい クイーンズタウン着
クイーズタウン観光
⚐クイーンズタウン泊
3日目
ミルフォードサウンド
⚐クイーズタウン泊
4日目
テカポ湖へ
⚐テカポ泊
5日目
クライストチャーチへ
⚐クライスト泊
6日目
クライスト発 オークランドへ
⚐オークランド泊
7日目
ホビットツアー
戻ってから市内観光
⚐オークランド泊
8日目
AM オークランド発
9日目
夕方 成田着

うん。まあよく動くこと笑笑。昔々に読んだ『花より男子』で道明寺が「旅行でせかせか観光するのは貧乏人だけ」的なことを言ってるセリフがあったと記憶してますが、まじそれな。としか言いようがない。さて、ここからは旅の流れに沿って回想していこうと思います。

 

2日目:やっぱりクイーンズタウンは最高やな!

1日目は飛行機に乗ってるだけなのでぶっとばして2日目からスタートします。ちなみに東京からニュージーランド航空でオークランドまでは直行便がでていて、所要時間はおよそ11時間ってところでしょうか。行きの機内ではいつも通り計画性皆無のため慌ててガイドブックと地図見ながらどこに何あるかをざくっと把握&マサラチキンカレーを食べたことと、なんか機内通信機能があって(指定した席の人とチャットができる)それで色々メッセージ送りまくって遊んでたという小学生みたいな思い出しかない。オークランドからは国内線に乗り継いで、クイーンズタウンに到着です。空港からはバスで町まで行きました。

さて、クイーンズタウンといえば行列が耐えないと噂のファーグバーガーって店があって、当然名前の通りハンバーガー売ってるんやけど、もう絶対それ食べるって決めてたからクイーンズタウン着いた瞬間並びに行きました。笑笑

実際2日滞在したあいだ何回も店の前通ったけど朝昼夜時間帯関係なく永遠に人ならんでるし人気店。まあ待つっていっても20分くらいやけど、すごいよね〜。ほんで出てきたのがこちら!

 \ドドン!/

f:id:xherox:20190511231902j:image

大きさすごい!味もワイルドで美味しかったけど、まじでボリュームすごかった。地元民たち、これに加えてポテトももっさもっさ食べててちょっとびびってしまったわ。なんでそんな食べれるねん。

お腹いっぱいになったら、ちょっと近くをぶらぶら。同じ通りの並びに観光案内所いっぱいあって、現地ツアーのラインナップがいっぱいボードに書いて店の前に飾られてるから情報収集。で、あっちこっちみた結果、ダニエルラド◯リフ似のお兄さんが案内してくれた店舗で、興味があったジップトレックのアクティビティを購入。お金って一瞬で消えてくよね★ウフフ★オッケー!涙

ちなみにジップトレックって、山っていうか森っていうかの中を生身でターザンみたいにブイーンってツリーハウスからツリーハウスにうつっていくレジャーのことを言うらしいねんけど、そんなん小学校の時遊具で遊んで以来やしほんま心踊りすぎて体も踊りだすよね。しかもロケーション壮大やし!大人になるって最高やわ!お金使えるって最高やわ!(必死)

ジップトレックはその日最終の18:00〜20:00の回が予約できたので特に何も考えずに即決。最後に「日の入りぐらいに山の上にいれるから夕焼け見れてきれいやで!」とお兄様にいわれて、ありがとーって去った後10分くらいしてから「アレ待ってそしたら私らターザンごっこやってる間真っ暗ちゃうん?こわない?え?間抜けすぎワロタ」とか不安がってたら、その時は知らんかったけどまさかの日の入り21:00すぎとかやった。ニュージーランド、ほんまに日が長い。実際、「さあそろそろ14:00くらいなかんじやなカフェタイムでもしちゃう〜?」とか言ったときに18:00とかなかんじ。太陽がんばりすぎやろ!好き!!!愛してる!!!いっぱい絵文字つかってポジキャンしとこ!

☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️☀️

とまあひとしきりターザンごっこへの楽しみを語ったのち、18:00までは何もないから街歩きへ。

クイーンズタウンはニュージーランド南島にある小さい街で、ワカティプ湖とリマーカブル山脈を臨むのどかなリゾート地。保養地として世界的にも有名で、街と自然の美しさから「エリザベス女王が暮らすのにふさわしい」としてクイーンズタウンという名が付けられたというくらいなので、そりゃもう言うまでもなくすんばらしいんですよ。

f:id:xherox:20190512140846j:image

f:id:xherox:20190511231952j:image

f:id:xherox:20190511232012j:image

ね、この港町的な景色!なんて美しくて心穏やかになるのでしょうか…。山側にはしっかり住居や店舗がいっぱい並ぶストリートもあるんやけど、なんていうかやっぱり水がきれいすぎてこっちに引き寄せられたんですよね…うん。すばらしい。

f:id:xherox:20190511232529j:image

こんな青いのにこんな澄み渡ってる。鳥さえもなんか美しく見えてくるよ…

f:id:xherox:20190511232025j:image

湖畔とかそのへんの公園ではみんな寝てたりぼーっとしてました。そういえば海外ってなんかちょうどいい場所にたいてい芝生ある気する。最高。

f:id:xherox:20190511232122j:image

芝生にアイスが映える!!なんか旅行するとアイス食べたくなるん、なんでですかね。これはすぐ近くにあったジェラート屋さん(ミセスファーグジェラートのビーチ通り店)で調達しました。

f:id:xherox:20190511232146j:image

私はせっかくニュージーランドなんだしということでキウイ味を食べました。めっちゃ美味しかったけどぶっちゃけキウイっていうかウメの味やった記憶。そんなわけないのに…いや、でもあれはウメ味やったで()

ジェラート食べてからはまた水辺メインでうろついてると、キーウィ様がお出迎えしてくれたので拝んでおきました。

f:id:xherox:20190511232158j:image

キーウィって飛べない鳥として名前聞いたことある人も多いのではと思うんですが、実はニュージーランドの国鳥なんです。この国ではものすごい象徴的な存在で、ニュージーランドの人って自分らのこととか自分の国のものとかを「キーウィ」って愛称で呼ぶんよね。

ニュージーランドの先住民マオリの神話では、キーウィは森をまもる使者として空から地上に降りることを決意し、その代償として翼を失った存在なんだとか。ぶっちゃけ国鳥っていうとかっこいい鳥選びたくなるやろうになんでこんなモフモフきゅるんなかわいい子が選ばれたんかな〜と思ってたけど、すごい誇り高い鳥なんやね。(元ネタ:New Zealand Maori Legend - How the Kiwi Lost his Wings)

さてさて、のんびり散歩しながらつぎはクイーンズタウンガーデンへ向かいます。ひたすら美しい庭園を歩き、フリスビー投げ合って大はしゃぎしてる多くのカップルや家族を横目にし、穏やかな気持ちになれること間違いなし。

f:id:xherox:20190511232304j:image

f:id:xherox:20190511232327j:image

f:id:xherox:20190511232502j:image

ぼーっと歩いてると、忙しい日々で忘れてた色んなことを思い出します。いやーバカンス地として有名な理由わかるわあ。ビーチ!とかわかりやすいそういうのはないねんけど、なんでだろうね。心穏やかになる。

そうしてのんびり庭園のお花を撮ったり芝生のベンチに座ったりという時を過ごし、なんやかんやでジップトレックの時間に。ジップトレックは山の上からスタートなんで、山の上までロープウェイに乗りました。

ニュージーランドって環境保全とか動物愛護にすごい力を入れていて、ジップトレックのアクティビティ中もインストラクターさんはずっと森の話とか水の話をしてはった。この自然に囲まれてたらそりゃ、自然愛してやまなくなるわなあ。

けっこうなスピードでびゅーんと木から木へ滑っていくの楽しいし、何より横に見える景色が素敵。ちなみにやってる間私は一人でずっと大笑いしてました。(完全にやばい人) 景色きれいすぎやねん!こんなん笑うしかないやん!そういえばこの時後悔したのは、首からiPhoneを提げるケースみたいなんを持ってきてなかったこと。生身の携帯持ってターザンごっこすんの、ぶっちゃけ怖かったわ。落としたらもう二度と会えず心かき乱される〜忍ふ文字ずり誰ゆへに〜って感じやったもん…。それは余談ですが、なんにせよアクティビティは大満足でした!

今調べたら他にも色々面白そうなのあったねんなー。もう数日全然いれたと思う。

【クイーンズタウン】【ハイキング】壮大な大自然を体験!ルートバーントラックツアー<送迎付><昼食付> - タビナカ

【送迎付き】クイーンズタウンの景色を一望!大自然の中でスカイダイビング - タビナカ

さてさて、山を下り、晩御飯はPUBLIC KITCHEN & BARってお店で。写真撮り忘れちゃったけど、ここで人生初クスクス経験しました。まじなんなのあれ?味が謎すぎて調べたら、「こなの塊」とかかいてて余計に意味わからんすぎた。まあもう二度と食べんと思った。(率直) ※他はふつうに美味しかったです。

f:id:xherox:20190511232424j:image

22:00頃でもまだ賑やか。どこかしらから音楽が流れてきていて、みんなワヤワヤしている。

f:id:xherox:20190511232445j:image

夜も心地よい賑やかさと穏やかさがあって、本当に最高の町。わりと遅くまで出歩いても心配ない町という感じがしたし、夜景も綺麗だから歩きたくなるよねえ。

そういえばどうでもいいけど、クイーンズタウンのお土産屋さんではやたらと局部をあたためるグッズを売ってるのが目立ってたからめちゃくちゃ気になった。

ニュージーランド産100%のお土産!て感じで売り出してたけど、まじで見るたびに笑ってしまった。いや、買う人いんの?と思ったけどおるんやろな〜…

New Zealand Possum Fur Nipple Warmers - Silverfernz.com

Possum Fur Willie Warmer - Silverfernz.com

⬆︎お、これこれ笑笑!上が女性用で下が男性用らしい。世の中色んなニーズがあるんやな。さあ、寝よか。というわけで2日目は終了です。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

NEXT→