さかさまバニーからさかさ魔法を解く方法

よく食べよく放浪するOLの雑記ブログ

ホープトン・ティールーム inメルボルン 人気カフェ巡り

 

コーヒー文化のイメージがあるメルボルンですが、もともとイギリスの植民地支配を受けていたので、オーストラリアのあちこちではイギリス文化の片鱗を見ることができます。
 
そして、イギリス文化として有名なものといえば…紅茶ですね!
メルボルンで紅茶を飲みたいとなれば…こちらのカフェ「ホープトン・ティールーム」が人気✨だそうで、行ってきました。
 
ここホープトン・ティールームは1892年の創業以来125年以上の歴史がある老舗カフェ。なんとメルボルンで一番古いカフェなので、親子三代にわたってのファンもいるのだとか。
たしかに観光客からローカルの方まで、幅広い人による行列が常にできていて、その人気のほどがうかがえました💕
 
 
お店はブロック・アーケードの中にあります。
ブロック・アーケードは1891年に建造された、メルボルンで見られるヨーロッパ風建築のひとつ。かつての上流階級では「ブロックする」という言葉が流行したというほど、ここで買い物をするのが一つのステータスになっていたんだとか。
 
一度火事で全焼した後の姿ですが、美しさは健在です。…うん。入口から素敵!

f:id:xherox:20181113221336j:image

エントランスの地面もこんな感じで、とってもおしゃれなアーケード。
f:id:xherox:20181113221249j:image
 
そして、お店はというと。
このエントランス入ってすぐ右側にあるのですが…
f:id:xherox:20181113221719j:image

f:id:xherox:20181113221504j:image

なんということでしょう…ホープトン・ティールーム…!このショーケース!めっちゃくちゃかわいいんです!もうこんなの全部食べちゃう!もはや店ごと買う!(??)
 
なんだか是非とも入りたいと思わせられてしまうような…。
罪深い…この素晴らしいケーキのディスプレイの業…!

f:id:xherox:20181113221511j:image

タイミングの問題なのか誰も並んでいなかったこともあり、当然、お腹空いてもないのにふらっと入店してしまいました。これは魔法です。食いしん坊だからとかではないです。断じて。
 
 
さて、カフェ内もこれまた素敵です。緑の壁紙と大きな鏡が特徴で、この内装は昔からずっと同じなのだとか。
 
壁の一画にはイギリスの有名な劇作家アーサー・ウイング・ピネロの格言が飾られています。

f:id:xherox:20181113221715j:image

--紅茶あるところに希望あり。
 
イギリスでは、昔から紅茶は常に人々の生活の隣にあり、嬉しい場面にも悲しい場面にも紅茶が色を添えていました。イギリスの紅茶と人、紅茶と世界との密接な関わりを感じさせる言葉ですね…。ここはメルボルンですが。
 
 
それはさておき、本題のお食事へ✨
 
カフェ利用のつもりでしたが、なんとなくランチメニューも注文。店員さんが愛想よく、可愛いので注文してしまいました。(食いしん坊とかでは…)
 
サンドイッチとホットチキンのサラダ。
塩っけが欲しくて頼んだのに、オレンジソースでとても甘かった…ですが、個人的にはチキンサラダがおいしくて気に入りました。

f:id:xherox:20181113221508j:image

とてもボリューミー。
f:id:xherox:20181113221515j:image


そして、メインのデザートへ!
 
ケーキメニューはないので入口のショーケースを見て選びますが、今回は「今日のスペシャルはチョコレートケーキよ💕」と言われたのでそれで…!とお願いしました。
f:id:xherox:20181113221521j:image
甘すぎないムースと酸っぱめのベリーが非常に相性良く、美味しゅうございました…。
 
紅茶は撮り忘れましたが「マドモワゼルグレイ」という高貴そうなお茶をオーダーしました。アールグレイとバラの花びら🌹の紅茶で香りもとってもよかったです💕
 
 
観光客はケーキとお茶を頼んで帰る人が多いようでしたが、ローカルの方はハイティー(アフタヌーンティーの一種)→ケーキ&紅茶という壮絶ボリュームフルコースでのんびり午後の時間を楽しんでおられるようでした。
(あとで調べたらハイティーだけは予約できるらしい)
 
ひとつ言うとすれば、お店の中は少し、あえて言葉を選ばずいうとせせこましく、がちゃがちゃしていたかな。そもそもが狭いお店なので、隣の人や通る店員さんとの距離がめちゃくちゃ近かったです。
 
しかしそれを差し置いても、かわいさ&おいしさで、テンションの上がるカフェでした💕
 
 
◆ホープトン・ティールーム
URL:http://www.hopetountearooms.com.au
住所:282 Collins Street, Melbourne, Victoria 3000
営業時間:月-土 8:00 – 17:00 日 9:00 – 17:00
 
 
訪問日:2018年10月M

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村